FC2ブログ

「コウシヤバル」岐阜県関市山田1348-4 0575-28-2929 11:30〜14:00、17:30〜21:00☆定休日/月曜日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
01


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じ阿呆なら踊らにゃ損なコト

ぐずぐずしてる間にお空は梅雨に突入し、
たまの晴れ間に樹々を見ますと、樹々の枝がもうグンっと伸びてるのですけど…
北庭の朽ち果てたテラスへ続くアーチに組まれてるバラがですね、
四方八方伸び切って、もうとんでもない枝ぶりになってまして
アーチぃ???関係ねーよ?オレ等アウトサイダーやもんね?みたいな感じで…
これを一体どーしたら…と小雨に濡れつつテラスに出て、朽ち果てた床を右足で踏み抜き、
またその事実に軽〜く現実から逃避しているうちに三ヶ月経ってしまいました
コウシヤバルの庭いじりとバラの苦手なかーちゃんの方です。
みなさまいかがお過ごしでしょうか。

なんとかかんとか三ヶ月。
みなさまに支えられてなんとか無事、歩いてこられました。
この土地に来たのは「儲かって仕方ないからちょっと広い店に栄転」ではありませんでした。
鶴田町の店ではよくも悪くもスタイルが出来すぎていて、
改善しようにも何をどうしたらいいのかわからなかった…というのが実情です。
飲食「店」は、お客さまが扉を開けてくださらないことには仕事になりません。
焼肉は客単価が高くなるので、頻度も減ります。
自然、売上も下がっていきます。
ない知恵絞って出来る限りの手を打ちましたが、なかなか伸びてくれませんでした。

高級志向でジビエか熟成肉に行くか、それとも安売り食べ放題に行くか…
仔牛家にとって(あるいは相方にとって)それはどちらも違う…が、相方と私の共通認識でした。
そんな折にふと、この店の話が舞い込んできたのでした。

ここに移転を決めるに当って、お世話になっていた岐阜の老舗名店の会長に相談しました。
「今は市場が冷えてるからじっと我慢が一番、動いてもあかんよ」と言われました。
頭の中では「確かにその通りだ…今動いても傷が深くなるだろう」と頷く気持ちと
「しかしこのままではダメだ」という気持ちが一瞬のうちに葛藤し、結局会長に私が吐いた言葉はこれでした。
「一杯400円のコーヒーでいいんです、私はもっとお客さまに会いたい」
会長は苦笑いで頷いて「よし、そんなら行きなさい。頑張れるやろ」と
速攻で背中を押してくださったのが昨日のことのようです。

(お詫び:すみません、うちのコーヒー1杯430円にしました。
 ついでに十年前くらいの遠い目で書いてますが、三ヶ月前です)

それはともかく、これが私の本音やったんやなあ…と今はしみじみ思います。
よくありますが「お客さまの喜ぶ顔が生き甲斐」とか、違ってはいませんけど
私にとっては多分本当に「キレイごと」です。
かと言って「とにかく儲けられればいい」というのも違う。
そう思っていたら、今ごろもっと財産築いてますw
ただお客さまに会いたい…なぜかと言うと「楽しい」から。
それが仔牛家という店が教えてくれた私の特性でした。

なぜ楽しいのかわかりませんが、人とお会いするのはとにかく楽しい。
今思うと、バイクに乗るのもそういうことやったんかなと思います。
ツーリングも結局、蓋を開けてみれば人と出会うのが楽しかった。
道に迷ったり、転けて助けてもらったり、知らない人と一時笑い合えたり…
名前も知らない、背景も知らないのに、県道○号線の楽しさや思い出をコアに語り合えたりするという…
ただバイクには「単なるファクター」以上の「操る楽しさ」もありまして
そのダイレクトに細胞が震えたりエキサイトして膨らんだりする感覚は
「人と会う」という行為もまた、等しく同じ感覚なのでした。

旧知の方とお会いするのはほっとしますし
新しい方とお会いするのはワクワクします。
そしてタンシチューのでかい塊見てビックリしてくれたらもっと楽しい!
そして「ああ美味しかった、楽しかった」なら、さらに楽しい!
最後に諭吉さんのお顔を拝見しますとテンションMAX(爆)
       ↑ココ大事なトコですw

ほんでこの三ヶ月は、ひたすらシステム作りに没頭しておりました。

ワインの発注をいただいたのにコルク抜きが段ボールの下の方に押し込まれていて出せなかったり…
混み合ってしまってデザートお出しする前に「急ぐので」ってお帰りになられちゃったり…
しょぼーん…きゅー…なこともやっぱ未だたくさんありますので、改善の日々です。

そしてなによりも、助けてくれる人との出会いがたくさん…
前述の老舗の会長を始め、お仲間の方々、旧知の人、仔牛家の常連さま…
新しいよい出会いもたくさん…しかしそれは実は旧知の方から芋のツルのように繋がっていまして
今さらながら、鶴田町の仔牛家が本当に幸せな店であったという事実に、時折ほろっとします。

その旧知の人たち、お世話になった人たちはみな、本物のバカですw
バカというのは寝食忘れて何かに没頭できちゃったり
世間とか常識とかを恐れずに、とにかくやりたいことを行う強さとしなやかさを持っていたり
この先花が咲くか咲かないかと言うことそのものよりも、今の楽しさ、美しさを徹底して受容し
「花は咲かんがこの葉っぱの葉脈は実にきれいやないか…」と感嘆するようなw

仕事好きでワーカーホリックで何が悪いw
マザコンで何が悪いw
楽しいんだからしょうがないやんw

それはもう、一種の変態かも知れませんケド
本当に魅力的な人たちです。

そして私たちも、そういうバカになる!と決めましたw
んで、さらにバカな人たち…
「このマフラーが実に美しい」とか「いやもうこのエンジンが…」とかで
一晩軽く語り合っちゃうような変態さまたちがお客さまで来てくださいまして
コウシヤバルはそういう変態ご一行さまを大歓迎いたしますです♡

ほら、こんな感じでいそいそ写真撮りに…w
(忙しかったりして来ていただいたぜんぶ撮れてないのが残念です…相方、カメラマンを一人常駐させてくれ)
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

9048みみ

Author:9048みみ
コウシヤバルのかーちゃんの方です。前身「和風焼肉仔牛家」では本当にお世話になりました。
肉料理とコーヒーのお店「コウシヤバル」
岐阜県関市山田1348-4 東海北陸自動車道・関ICより西へ1km、百年公園南口角 0575-28-2929 
11:30〜14:00、17:30〜21:00  定休日/月曜日

ランチ・ディナー共にカジュアルなコースもございます。コースではタパスをご自由に選んで前菜として召上がっていただきます。タパスやサラダは関市周辺の地場産野菜を使用、日替りで随時数種類ご用意しています。ビールやワインのおつまみとしてもどうぞ。
ローストビーフ丼、タンシチューや厚切り牛タンが人気です。レギュラーメニューの他に、その日の仕入れによって「いいとこ」「特別いいとこ」「売れないくらいいいとこだけど売っちゃういいとこ」など、日によって時価メニューなどもございます。チェックプリーズ!

ローストビーフサンドウィッチなど、サンドウィッチ類はテイクアウト可能です。他にもご予算に応じてパーティー・お弁当などのご注文も承ります。お電話にてご確認ください。(お弁当例/牛ハラミのグリル¥1,200〜/宅配は不可です。ご了承ください)

最新トラックバック
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。