FC2ブログ

「コウシヤバル」岐阜県関市山田1348-4 0575-28-2929 11:30〜14:00、17:30〜21:00☆定休日/月曜日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/14のツイートまとめ

koushiya9048

「杏仁豆腐の紅茶の蜜がけのこと」http://t.co/ZwzGNmYHk6 #fc2 #fc2blog http://t.co/JSqF8qYwop
11-14 12:26

スポンサーサイト

杏仁豆腐の紅茶の蜜がけのこと



杏仁豆腐です。
杏仁霜たっぷりに仕上げてあります。昔はそのままお出ししたり、フルーツのシロップをかけたりしていました。まあ、定番ですね。
そういうのにも飽きたある日、とある老舗の喫茶店で、ステキなアイスミルクティーに出会いました。ミルクの甘さ旨さと紅茶の香り‥その贅沢なハーモニーって、なんかすんごい幸せを感じますw
 ‥半熟たまごと同じ種類の幸せw

んで、ストローちゅーって飲んでるうちにですね、ふとうちの杏仁豆腐に紅茶のフレーバーかけてみたらどうか???と。
やってみたらこれがうまいw
紅茶の香りに杏仁の香りがよく合う!
以来「杏仁豆腐紅茶蜜がけ」というメニューができました。
十年経ちます。
栗の渋皮煮アイスやピスタチオのアイスと並んで、人気デザートであります。
ランチデザートにはミニ杏仁がついてきますので、ぜひご賞味ください。



今月の合言葉は

「コウシヤ」

ご提示いただいた方には

・1stドリンクに限りソフトドリンク無料+アルコール類50%OFF

       or

・ありがと盛¥5,000→¥4,000(価格はすべて税別表示です)

お好きな方でお使いください。

「Breaking Bad」のこと

こんにちは
最近動画もろもろにハマっている仔牛家の嫁の方です。数ヶ月前に唐突に「弱虫ペダル」にハマり、とりあえずアニメ版のシーズン1を見ました。んで、満足できずにコミックス36巻をとりあえず読み、舞台版に…と思いながら舞台版での小野田坂道くんのおっさんぶりにおののき(すみません)一応の情熱の完結を見て、第二シーズンも始まったことだし、37巻の発売を待つ事と相成りました。

んで、突如こころにぽっかり空いた穴を埋めるため、なんかいろいろな動画を見始めたのですが…
穴を埋めてくれたのが海外ドラマ「Breaking Bad」でした。
1967.jpeg

作業中に見ることが多いので、最初から最後まで腰を落ち着けてきっちりは見られません。小さい画面でウインドウを端っこにおいて、吹き替え版で動かすのが便利です。このドラマはとても人気らしいので見たるか…というより、BGMで聞いたるか…という感じで始まりました。

平凡な高校の科学教師ウォルター・ホワイト。身重の妻と脳性麻痺の長男と暮らしとります。夜も洗車場でバイトしてますけど、薄給の上妻は身重で仕事もできず、住宅ローンやら何やらでどうやら家計は超大変。
50歳の誕生日のまさにその日にガンが発覚、余命わずかと悟った彼は、家族になんとかお金を残すため、ひょんなことから元教え子の落ちこぼれ不良少年ジェシー・ピンクマンと二人、知識と経験をフル回転して、高純度のブルー・メスと呼ばれる覚醒剤を製造し、裏金を貯めていきます。
ウォルターの50歳の誕生日から52歳の誕生日まで、それはそれは「濃密」な二年間の物語。

いきなりパンツ一丁の中年のおっさんが砂漠の上で焦りまくる意味不明のプロローグが象徴するように、特に美男美女も色っぽいことも人類の危機を救うカッコいいアクションも画面には出てはきません。
砂漠の砂の上に落ちる血と涙とエゴのぶつかり合い、これが本当に…哀しくて切なくて楽しくて面白くて…そして、事実だけ見れば限りなく救いのない物語なのに、鑑賞後はもう爽快!であります。

生きるって何?家族って何?善悪って何?という命題に、ウォルター自身が答えを出して行きますが、この物語が面白いのは、何と言っても通り一遍の世間的な善悪に留まらない登場人物たちです。社会的に善き人たちが時折見せる悪辣っぷり、悪しき人たちの葛藤と混乱のチャーミングさ、そしてすべての人々が抱える自己矛盾の嵐‥
家族には話せない、だから家族との距離はどんどん遠くなっていくのですが、ブルー・メスのパートナーであるジェシーとは、逆にどんどん近くなっていくウォルター。憎み合い、貶し合い、騙し合いながらも、悪事を共有する二人の濃密な関係性のベースには、家族に寄せるよりも純粋な愛すら感じます。
ジェシーを始め、裏社会に蠢く役の役者さんがまた渋くてよい…のです。
巨大なドラッグビジネスを構築したガス、機密管理のマイク、弁護士のソウル・グッドマン(やってることは全然グッドマンじゃないけど、最後の最後まで意外にいい奴でしたw)、ジェシーの友人たちやソウルの用心棒…ワルになりきれないバカで可愛い男の子たち。妻のスカイラーも素晴らしかった。特に最終話で見せたスカイラーとジェシーとウォルターのそれぞれの表情、私しばらく忘れられんだろうと思いますw

最後まで家族を守ろうとして奔走したウォルターでしたが、大切な人たちにすら結局理解はされません。善人たちは悪事に過激な拒絶反応を起こしまくり、ウォルターは結局、稀代の大悪党に祀り上げられてしまいます。もちろん当然の反応なんでしょうけど、このあたりとても面白いです。ホント、家族って一体何なんやろ?
最終話、ウォルターが自身につける決着は「解放」…涙腺も大解放状態でした。すべてを順繰りに解放してゆくウォルターおじさんに目が釘付けw
吹き替えで見てましたが、結局は一話と最終話だけは字幕でもう一度見ました。字幕、超いいです。声優さんが悪いわけじゃないけど、もうやっぱり字幕で見るのをおすすめします。

コレを見てから、他のドラマが見られなくなりました。ウォーキング・デッド、生存者たち、いろいろもろもろ見てはいましたが、ええ、どれを見ても何を見ても、砂漠の上でぱんつ一丁、大狼狽のホワイト先生の濃密な人生を見た後では、すべてがペラッペラのご都合主義の絵空事にしか見えないわけです。重厚かつ軽やか、ザラザラなのに滑らか、ホワイト先生の作るブルー・メスの如く、純度の高い素晴らしいドラマでした。

もっかい見るw(字幕でw)

というわけで今月の合言葉は「ブレイキング・バッド」にしました。
                          あっ、別に「コウシヤ」でも構いませんw
                          っていうか、何でもいいですw

ーダー時にご呈示いただきますと

ありがと盛¥5,400(税込)が、¥4,320に!
      or
ファーストドリンクにつき、アルコール類は半額、ソフトドリンクの場合は無料!

どちらかお選びくださいまし。


プロフィール

9048みみ

Author:9048みみ
コウシヤバルのかーちゃんの方です。前身「和風焼肉仔牛家」では本当にお世話になりました。
肉料理とコーヒーのお店「コウシヤバル」
岐阜県関市山田1348-4 東海北陸自動車道・関ICより西へ1km、百年公園南口角 0575-28-2929 
11:30〜14:00、17:30〜21:00  定休日/月曜日

ランチ・ディナー共にカジュアルなコースもございます。コースではタパスをご自由に選んで前菜として召上がっていただきます。タパスやサラダは関市周辺の地場産野菜を使用、日替りで随時数種類ご用意しています。ビールやワインのおつまみとしてもどうぞ。
ローストビーフ丼、タンシチューや厚切り牛タンが人気です。レギュラーメニューの他に、その日の仕入れによって「いいとこ」「特別いいとこ」「売れないくらいいいとこだけど売っちゃういいとこ」など、日によって時価メニューなどもございます。チェックプリーズ!

ローストビーフサンドウィッチなど、サンドウィッチ類はテイクアウト可能です。他にもご予算に応じてパーティー・お弁当などのご注文も承ります。お電話にてご確認ください。(お弁当例/牛ハラミのグリル¥1,200〜/宅配は不可です。ご了承ください)

最新トラックバック
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
QRコード
QR
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。